2018年4月18日水曜日

リビングのクローゼットの収納を見直しました

最近、私の中で家を快適したい熱がすごいです(^^;)

そんな訳でリビングの大きなクローゼット↓


こちらの収納を見直すことにしました。

ここは衣類等を収納していて、見直し前はこんな感じでした。


なるべく家事の手間を減らしたいので、ほとんどの服はハンガーに掛けて収納しています。

そしてハンガーにかけられない靴下などの小物や一部の服を、無印の衣装ケースとその上に置いたボックスに収納していました。

ここをもう少しすっきりさせて、そしてどこに何があるのかもっと分かりやすく、必要なものがすぐに取り出せるようにしたいと思い、収納ケースを買い替えることにしました。

新しく購入したのはこちら↓

単品販売↓

2個セット販売↓

2階のクローゼットで愛用しているアイリスオーヤマの衣装ケースです。

2階の収納ケースを見直した時の記事がこちら↓
クローゼットの中の衣装ケースを買い替えました

そしてこんな感じになりました。


この収納ケースをリピート購入した理由は、引き出しに金属レールが使われていて、


とても開け閉めがしやすいから。

ただ2階の収納ケースは使用頻度が低かったので全然気にならなかったのですが、今回購入して毎日開け閉めをして衣類を出し入れしていると、引き出しが最後まで引き出せないのが少しマイナスポイントでした。。。

奥行き約50cm(内寸)の引き出しですが、33cm位までしか引き出せません。

おそらく引き出した際に重心がずれて、前に転倒するのを防止するためだと思います。

引き出しにはテプラで作った、


ラベルを貼りました。


私はだいぶ前に買ったテプラを使っていますが、これからラベルプリンターを買うなら、スマホで文字入力や設定ができるP-TOUCHが欲しいです。


引き出しの中はダイソーの積み重ねボックス (大 深型)↓を使って、靴下等の小物を仕分けました。


このボックス、高さが引き出しにぴったり!!


一つの引き出しに縦2列、横2列の合計4つを入れています。

横幅、奥行もぴったり収まれば良かったのですが、残念ながらどちらも隙間が空いてしまいました。

そこで奥行方向の隙間には、ダイソーで買ったスポンジ↓


これをを奥側の隙間に入れて、引き出しの開閉時にボックスが動かないようにしました。

小分けにしたボックスにも、テプラでラベルを貼りました。


靴下を長さ別に収納するなど、種類ごとに細かく分類してラベリングしたので、必要な時に必要なものをさっと取り出せるようになりました。

さらにそれぞれの在庫量が把握しやすくなったので、無駄に数を増やしてしまうことを防げそうです。

ラベルを作るのは少し面倒だったのですが、利便性が向上したので良かったです(^^)

ちなみにハンガーはこちらを愛用中。




見た目も機能性も抜群のマワハンガー大好きです。

一部ニトリのすべりにくいスラックスハンガーも混ざっていますが・・・


<追伸1>

私が家づくりをした時は工務店さんを何軒もハシゴして相見積をとったので、とても大変でした…

こちらの家づくり支援サイトでは簡単な内容の入力で、複数のハウスメーカーや工務店に一括請求し、間取りプランや資金計画書を無料で作成して頂けるそうです!
自宅にいながら建築会社や間取りの比較検討ができますよ!


大手ハウスメーカーに絞って検討の方はこちらからどうぞ!




<追伸2>

衣替えの季節になりました。
不要になった服は、フクウロさんの宅配買取サービスがおすすめです!
私がフクウロさんを利用した時の記事はこちら 洋服の断捨離で気分もスッキリ