2018年3月28日水曜日

シンボルツリーの選び方 3年間経過して感じたこと

今日はシンボルツリーを選ぶ際に考慮した方が良いことを記事にしていきたいと思います。

本題に入る前に庭の近況を・・・


春の庭


我が家の小さい庭にも春が来ました!

玄関横のシンボルツリーのアオダモの足元に植えたビオラも、


プランターに植えたビオラも花が増えてきました。


ビオラをもっと大きい株に育てて、沢山のお花を咲かせているご近所さんを見ると、まだまだ私はガーデニング初心者だなぁと感じます。。。

庭側のシマトネリコの足元に植えたローダンセマムも、あともう少しで開花しそうです。


ローダンセマムと木を挟んで反対側には、昨年の夏にソーラー電池式のスポットライトを購入して設置しました。


シマトネリコの木を下から照らしています。

ちょっとお値段がはるのですが、


ソーラーパネルが大きく、ホームセンターなどで3000円前後で売られているものより断然明るいです。


電源コンセントから配線を引く必要がなく地面にさすだけで設置できるので、気軽に夜のお庭をライトアップすることができます。

暗くなると自動で点灯し、6時間オフタイマー付きです。


玄関横のアオダモは落葉樹なので葉を落としていたのですが、最近の暖かさで若葉が出てきました。


今年は芽が大きいねなんて夫と話していたら、今まで見たことがなかったツボミが!!


株立ちのアオダモなのですが、何本かある幹の内の1本にツボミがつきました。

ネットで調べたところ、アオダモは何年かおきに花を咲かせるそうです。

我が家に植えてから初めてのツボミなので、どんな花が咲くのかとても楽しみです。

前置きが長くなってしまったのですが、今日のブログのタイトルにした本題に入りたいと思います。


シンボルツリーは常緑樹と落葉樹どっちが良いのか?


先の文章でも触れたのですが、我が家は玄関横にシンボルツリーとして落葉樹のアオダモを、

(↓だいぶ前の落葉していないアオダモの写真です)


庭側には常緑樹のシマトネリコを植えました。

(↓こちらは現在のシマトネリコの写真です。)


ネットで注文して自分達で植樹してから、もうすぐ3年が経ちます。

実際に育ててみて感じたことがいろいろとあったのでそれを書いていきたいと思います。

何を植えようか検討していた時は、落ち葉の掃除は落葉樹より常緑樹の方が楽なはずと思っていました。

だけど実際は違いました。

シマトネリコは一年中少しずつ落葉しています。なので年間を通じて落ち葉拾いをする必要があるのです。

それに比べてアオダモは秋に集中して落葉するので、そのシーズンだけ掃除をすれば良いです。

落ち葉の掃除に関しては常に新陳代謝をしている常緑樹より、秋にだけ気にすれば良い落葉樹の方が今となっては楽だと感じます。

ちなみに常緑樹のコニファーは例外で、我が家は鉢植えで育てていますが、まったく落葉せずになんと管理が楽なんだと感じます。

(↓だいぶ前の写真ですが、左右の2本がコニファーです。)


落ち葉問題以外の面でも、落葉樹には良い点があります。それは季節を感じられることです。

新芽が大きくなってきたり、若葉が出てくるととても嬉しい気分になりますし、新緑や紅葉を楽しめる木も多いです。また冬の枝だけの姿も樹形の美しさを楽しむことができます。

そんな訳でシンボルツリーとして1本だけ植えるとしたら、私は落葉樹をオススメします。

ただもし外部からの視線を隠したい場合は、落葉樹は冬にはその役割を果たさなくなってしまうので、常緑樹の方が良いと思います。


木の成長の早さも重要です


さらにシンボルツリーを選ぶ時に考慮したほうが良いと思うもう1つのポイントがあります。それは木の成長が早いか遅いかということです。

我が家の2本を比較すると、アオダモは成長が遅い木、シマトネリコはとても早い木です。

植えて1年くらいはどちらもあまり元気がなくほとんど成長しなかったのですが、2年目以降はシマトネリコはぐんぐん大きくなり、もう何回も枝を間引いたり剪定をしています。

それに比べてアオダモは、樹高が伸びるのが春~初夏にかけての若葉がでる時期だけなので、1年で20cm位しか成長しませんでした。なのでまだ一度も剪定をしていません。

なるべく手をかけたくない人は成長がゆっくりな樹種を選んだほうが良いと思います。

ただし成長がゆっくりな木はある程度の大きさになるまで手間と時間がかかるので、その分だけ木の値段が高いです。だけどその後の管理を考えると、初期費用はあまり気にしない方が良いのかもしれません。


<追伸1>

私が家づくりをした時は工務店さんを何軒もハシゴして相見積をとったので、とても大変でした…

こちらの家づくり支援サイトでは簡単な内容の入力で、複数のハウスメーカーや工務店に一括請求し、間取りプランや資金計画書を無料で作成して頂けるそうです!
自宅にいながら建築会社や間取りの比較検討ができますよ!


大手ハウスメーカーに絞って検討の方はこちらからどうぞ!




<追伸2>

引っ越し業者の選定はお済みですか?
家づくり中はやらなくてはならないことが多すぎて大変ですよね。。。 こちらのサイトではサカイ引越センターさんやアート引越センターさんなど、複数の引っ越し業者さんから一括見積もりを依頼することができるそうです!