2017年2月15日水曜日

ACTUSでリビングテーブルを購入しました【後編】

今日は前回の記事でご紹介した我が家の新しいリビングテーブルの詳細をUPしていこうと思います。
良かったらお付き合い下さい!


FB LIVING TABLEの詳細


我が家が購入したのはアクタスのFB LIVING TABLEです。


このFBシリーズは、アクタスオリジナル製品です。

基本的には受注生産とのことで、カラーを11色から選べます。
また天板サイズを5cm刻み、高さも細かく指定できるセミオーダー方式です。(最大、最小サイズの規定あり)

アクタスには定期的に足を運んでいたのですが、実際に展示してある家具しか見てなくて、この商品があることに気がつきませんでした。

それがある時、壁に並んだ色見本の手板の中に我が家の建具に近いものを発見!

そこでダメ元で店員さんに
「このシリーズでシンプルなリビングテーブルはありませんか?」
と尋ねてみると、今回購入したテーブルをご紹介頂きました。

色もサイズも細かく選べるなんて!!
しかも一般的なオーダー家具と比べるとお値段もおさえめです。
我が家のサイズ、横幅120cm、奥行き55cm、高さ35cmだと、価格は69000円(税抜き)でした。


サイズは床にラインテープを貼って、実寸のサイズを見ながら決めました。こうすると縦横比率のバランスもイメージしやすいです。


このラインテープ、実は家づくりの時も大活躍でした。

玄関の土間のサイズ決めの時も、床にラインテープを貼って検討しました。実寸で体感できるので分かりやすいです。

また新居でカーテンレールやプリーツスクリーンを取り付ける時にも、水平ラインを出したり位置決めをするのに役立ちました。

マスキングテープのように貼って剥がせるテープなので、壁紙や床に貼っても大丈夫です。

家づくり中の方にオススメのアイテムです!

楽天市場ではこちら

Amazonではこちら



話しが少しそれましたが、テーブルの詳細に戻ります。

カラーは、アッシュ材突き板バニラ色を選びました。


実際に届いたテーブルと建具の色を比べると、テーブルの方が明るい色でした。


もう少し表情が豊かな木目を期待していたのですが、おとなしめの単調な木目だったのが少し残念でした。


足の形状は2種類から選べました。


我が家は先が細くなっていくテーパードタイプにしました。

この他に太さが均一なストレートタイプが選べました。


ビフォー・アフター


ここで改めて我が家のリビングのビフォー・アフターです。

ビフォー


アフター


以前のテーブルは、
横幅90cm、奥行き45cm、高さ35cm
でした。

新しいテーブルは、
横幅120cm、奥行き55cm、高さ35cm
で一回り大きくなりたした。


ソファとのバランスも以前より良くなった気がします。


横幅はたった30cmのサイズアップですが、2人横に並んでも以前よりゆったり座れて快適になりました!


家具選びはゆっくりと…


我が家は新居に引っ越す時に、家具は何も新調しませんでした。

いろいろ買い替えたい気持ちはあったのですが、実際暮らしてみてゆっくり探すのも良いかなと思いそうしました。

寝室のテレビボード(その時の記事はこちらIKEAでテレビボードを購入しました)、ベッド(その時の記事はこちら:無印良品でベッドを購入しました)、そして今回リビングテーブルを買い替え、一応ひと段落つきました。

本当はソファとダイニングセットも買い替えたいですが、繰り上げ返済を定期的にしていきたいので、まだまだ先になりそうです。。。


<追伸1>
ACTUSのオンラインショップでは家具の通販はしていませんが、素敵なインテリア雑貨やファブリックを購入することができます。
見ているだけでも夢が広がります!



新築祝いや結婚祝い等のお返しの品ってとっても迷いますよね。
そんな時にアクタスのギフトカタログはいかがですか?
ハイセンスなセレクト雑貨を、カタログを受け取った方に選んでいただけるし、ラッピングもとても素敵です。




<追伸2>
本屋さんで、家づくりの時にとても参考になりそうな本をみつけました。
この本は、シンプルでシックなお家の沢山の参考事例の写真とともに、そこで使われている建材や設備のメーカー名が記載されています。
さらに間取りも掲載されていて、実際にかかった建築費用を公開されているお家がいくつもありました。
これから家づくりをする人にとてもおすすめです!



フレンチテイスト版もアマゾンで見つけました!