2017年1月25日水曜日

【注文住宅】壁紙の補修とサッシのメンテナンス

もうすぐ築2年になる我が家、


少し前に壁紙やサッシの補修に来て頂きました。


壁紙の補修


我が家は壁の天井の境界のコーナーに廻縁をつけていないので、温度や湿度の影響による素材の収縮で、どうしても隙間が開いてしまうことがあります。


脚立にのって手が届く場合は、ジョイントコークで自分達で補修をしていたのですが、


吹き抜けや階段などどうしても手が届かない部分を工務店さんにお願いして補修をして頂きました。


ちなみにジョイントコークは職人さんも使用しているもので、補修したいコーナーにノズルの先を押し当てながら絞り出して、その後に布などでなぞり余分なジョイントコークを拭き取ると隙間が埋まります。


画鋲の穴等も埋めることができるので、お家を建てた方は1本ストックしておくと良いと思います。

他にも壁紙が破れてしまった箇所があったので、部分張り替えをして頂きました。

壁紙の職人さんが来る前に工務店の方が下見に来たのですが、部分張り替えで対応するには壁紙が廃版になっていないか確認が必要になるとのことでした。
対象の壁紙は幸いにも廃版になっていなかったので、今回は対応して頂くことが出来ました。

ネットで調べたところ廃版になった場合でも、例えばクローゼットの中など目立たない部分を剥がして、それを使って補修をしてくださることもあるらしいですが、そこまでやってくれる職人さんは稀なようです。

そんな訳でまた部分補修が必要な場合に備えて、メインで使った白い壁紙を自分でストックしておくことにしました。


楽天市場で一通り探したところ、こちらのお店で安くメーター売りをしていたので購入しました。



我が家は後から買いましたが、壁紙は生産したロットによって若干の色の差があったり、時間がたつにつれて色が黄変していくこともあるので、新築施工した時に余った壁紙を頂いて保管しておくのが1番良いそうです。

建築会社さんによっては建物の引き渡しの際に余った壁紙を渡されて施主さん保管をお願いするという場合や、建築会社さんで保管しておいてくれることもあるみたいです。

もし現在お家を建築中の方は余った壁紙をどうするか建築会社に確認して、もし特に保管しないという場合は貰えないか交渉してみると良いと思います。

今回職人さんが壁紙を部分張り替えしている様子をそばで見ていたので、もし汚れや傷で小さい範囲で部分張り替えをしたくなった場合は、DIYでチャレンジしてみたいなぁと思っています。


サッシのメンテナンス


縦滑り出し窓の開閉の際のハンドル操作が重くなってしまったり、掃き出し窓の網戸の開閉がスムーズにできなくなってしまった箇所、上げ下げ窓が開けた時に下がってきてしまうなどの不具合があったので、工務店さんに見て頂きました。


こちらはサッシメーカーのリクシルさんを呼んでメンテナンスをしてくださることになりました。

メンテナンス当日はリクシルの方が2名で来られました。

それぞれあっという間に調整してくださり、どこもびっくりするほどスムーズに開閉できるようになりました。
他にも自分達では気にしてなかった部分も見つけて調整してくださったのでとてもありがたかったです。

縦滑り出し窓はシリコンの潤滑スプレーを特定のパーツにさすだけだったので、今後自分でやっても問題ないかリクシルの方に聞いてみたところ、大丈夫ですとのことでした。
これからは自分で定期的にメンテナンスしていきたいと思います。


<追伸1>
家づくりを計画中の方にオススメなサイトをご紹介します。
こちらのサイトでは簡単な入力の一括請求で、複数のハウスメーカーや工務店に、間取りプランや資金計画書を無料で作成して頂けます。
自宅にいながら間取りや資金計画の比較検討ができるのでオススメです!




<追伸2>
引っ越し業者の選定はお済みですか?
家づくり中はやらなくてはならないことが多すぎて大変ですよね。。。
こちらのサイトで我が家もお世話になったサカイ引越センターさんや、アート引越センターさんなど、複数の引っ越し業者さんから一括見積もりをすることができますよ!