2016年10月30日日曜日

【キッチンの隠せる背面収納】寸法の詳細と使い勝手

今日は我が家のキッチンの背面収納について記事にしていきたいと思います。

キッチンのWEB内覧会でも背面収納については書いたのですが、
質問を何件か頂いたので、今回はもっと詳しく書いていきたいと思います。


収納内部の寸法


三枚引き戸を開くと、


現れるバックカウンターと収納棚。


寸法はこんな感じにしました。


カウンターの横幅は1600mmで、奥行きは550mmです。
設計当時のヘルシオの1番大型のものを調べて、それを設置しても扉が閉まる寸法にしました。

カウンターの高さは850mmです。
これはシステムキッチンの高さに揃えました。



上部の棚の高さはこんな感じ↑にしました。

156cmの私が難なく手が届くのは、下から二段目の棚までです。
上の二段は台に乗らないとものが取れません。なので今は何も置いていません。

棚の奥行きは300mmです。
この奥行きは大きいフライパンがちょうど収まる奥行きにしました。


カウンターの下は可動棚なので、棚の高さは自由に変えられます。


棚板の奥行きは530mmです。

可動棚の棚板は安い白い化粧板だったのですが、カウンターや棚板と同じ木目のシートを購入して、自分達で貼りました。

三枚引き戸の左側は戸を開くとこんな感じです。


こちらは横幅750mm、奥行き530mmの可動棚です。
棚板は10段つけて頂いたのですが、現在は下側の棚板は外して使っています

以上の寸法は全て自分で決めました。

↓その時描いたスケッチ


プランニングをしている時に、インターネットか書籍か忘れてしまったのですが、とても使い易そうな収納を実現した施工事例の施主さんのインタビュー記事を読みました。その施主さんは家にあるものをとにかく測ってまわり、それをもとに自らが全ての寸法を決めたので、使い易い収納になったと書いてありました。

我が家もそれを見習い、家にあるいろいろなものを図りながら収納のサイズを決めました。


使い勝手


このキッチンの背面収納を使い始めて一年半以上が経過しましたが、使い易さに大変満足しています。

普段はカウンター側の引き戸を開けている事が多く、調理中によく使うものを振り向けばすぐに手に取れるので、とても楽ちんです。



上の棚に手が届かないという弱点もありますが、今は物を置いていないので、不自由は感じていません(^^;;
1番上の棚板はつけなくて良かったのかもしれません…

お客さんが来た時は、三枚引き戸を閉めてしまえば、


生活感が溢れる部分はすぐに隠せるので、その点もとても気に入っています。



三枚引き戸はリクシルのウッディラインというシリーズの製品を採用したのですが、ソフトクローズ機能がついているし、開閉も軽くてスムーズなのでこの建具にして良かったです。


<追伸1>
先日本屋さんでこちらの本に目を通しました。
これから家づくりをする方にとてもおすすめなので、ご紹介します!
とても内容が濃い本で、いろいろなテイストの住宅の建築事例が掲載されています。
紹介されている住宅の間取り図の掲載はもちろん、設計に携わった設計士さんのポイント解説も載っています。
本体工事費や坪単価を公表している事例も多いので、参考になります。
それぞれのお宅の工夫したポイントを、カラー写真と文章でわかりやすく解説していてとても読みやすいです。




<追伸2>
家づくりを計画中の方にオススメなサイトをご紹介します。
こちらのサイトでは、簡単な入力で間取りプランや資金計画書を無料で作成して頂けます。
一括請求で複数のハウスメーカーや工務店に依頼でき、自宅にいながら間取りや資金計画の比較検討がでます。
オススメです!