2016年8月11日木曜日

【注文住宅】コンセント位置 後悔したこと・良かったこと

住宅情報誌などを見ていると、コンセント位置は後悔することが多い項目の一つ。そんな情報を事前に見聞きしていたので、プラニングの際はかなり慎重に決めました。

それでもここにコンセントがあった方が良かったと後悔する場所がいくつかあります。

逆にいろいろな方の家づくりブログやインターネットの情報を参考にして、ここにコンセントをつけてとても良かったなと思う場所もあります。

すでにWEB内覧会で紹介した内容と重複する部分もありますが、コンセント位置の後悔した点と良かった点をまとめていきたいと思います。


【失敗事例1】
ドアと扉に挟まれた壁にコンセントがない


リビング西側のフィックスの窓。


電飾をつけたクリスマスツリーを飾るのに、この窓の前がぴったりな場所なのですが、コンセントがなーいっ!!
しかもドアとクローゼットの扉に挟まれたエリアなので、延長コードを使うと開閉に邪魔になってしまいます。

コンセントを沢山利用するリビングなどは、ドアや床までの扉、掃き出し窓がある間の壁には、コンセントを設置したほうが無難だと思います。


【失敗事例2】
キッチン収納カウンターのコンセント位置が使いづらい


キッチン奥の収納カウンターにはトースター2台と炊飯器を置いています。


カウンターを拭き掃除する時やトースターを掃除する時など、コンセントを抜き差しすることが結構あります。


だけどコンセントの位置が炊飯器の裏側なので操作しづらいです。

キッチンのバックカウンターは操作性を優先して、背面壁の上方にコンセントを設置しました。


同じように収納カウンターのコンセント位置も、背面壁の高い設置すれば良かったです…



続いてコンセントをつけて良かったなぁと思う場所を挙げていきたいと思います。

【成功事例1】
テレビボード中のコンセント


我が家のテレビボードは造り付けで設置して頂きました。


テレビボードの周辺は、テレビはもちろんのこと、ブルーレイレコーダーやオーディオを置いているために、配線コードが沢山必要になってしまい、どうしてもゴチャゴチャしてしまいます。

そこで我が家は、テレビボードの中にコンセントとアンテナソケットをつけてもらい、コードの余りの部分をテレビボードの中に引き込めるようにしました。


コンセントに埃がつくことも防げるので、一石二鳥です。


【成功事例2】
収納庫中のコンセント


LDKにあるワークスペース横の収納庫、


この中に、スティック掃除機用のコンセントを設置しました。


掃除機を1番良く使うLDKに充電しながらしまっておけるので、とても便利です。

補足になりますが、掃除機の下の棚で使用しているファイルケースはニトリで購入しました!




【成功事例3】
キッチンカウンター上のコンセント


キッチンカウンターの上の袖壁にコンセントを設置しました。


いろいろな方のWEB内覧会でここにコンセントを設置して良かったという記事を目にしたので、我が家も設置しました。

電子ケトルを設置するのにとても重宝しています。

使用していない方のコンセントの穴は、水や油はねが入ってしまわないように、コンセントキャップをしています。


【成功事例4】
ベッド枕元のコンセント


寝室の枕元側になる壁にカウンターを造作して頂いのですが、そこにコンセントを設置して頂きました。


夫婦揃って枕元にスマホを持ち込みたいタイプなので(^^;;、夫用と私用にそれぞれ両サイドにコンセントを設けて、スマホを充電するのに役立っています。


失敗事例と成功事例は以上になります。


<追伸1>
家づくりを計画中の方にオススメなサイトをご紹介します。
こちらのサイトでは、簡単な入力で間取りプランや資金計画書を無料で作成して頂けます。
一括請求で複数のハウスメーカーや工務店に依頼できるので、自宅にいながら間取りや資金計画の比較検討ができるのでオススメです!




<追伸2>
引っ越し業者の選定はお済みですか?
家づくり中はやらなくてはならないことが多すぎて大変ですよね。。。
こちらのサイトで我が家もお世話になったサカイ引越センターさんや、アート引越センターさんなど、複数の引っ越し業者さんから一括見積もりをすることができますよ!