2016年3月30日水曜日

注文住宅で空間をすっきり見せるために工夫したこと【3】

今回も前回に引き続き、空間をすっきり見せるために工夫したことを記事にしていきたいと思います。



【point7】

照明をダウンライトにする


我が家は玄関とリビングの間接照明と階段のブラケット照明以外を、全てダウンライトにしました。


ダウンライトは天井に埋め込まれるので、すっきり見えます。
さらに存在感が少なく、流行り廃りがないので、飽きることがありません。

ダイニングにはペンダント照明も検討しましたが、ショールームでいろいろ見た結果、やっぱり天井からなにもぶらさがっていないシンプルなスタイルが1番好きだったので、ダウンライトにしました。


ダウンライトは埃がつもることがなく、定期的な掃除が必要がないのでとっても楽チンです。


【point8】

キッチンカウンターの袖壁を高くする。


LDKを一部屋にする間取りにした場合、1番モノが多くゴチャゴチャ見えてしまうのはキッチンです。

そこで我が家は、対面キッチンの袖壁の高さを、通常より高めの1m20cmにしました。


袖壁の裏側、キッチンカウンターにはこんな感じで、


洗い物カゴや調味料などが置かれていますが、高い袖壁のおかげでリビング側からは見えません。


【point9】

キッチン家電は隠せるようにする


さらにキッチンで工夫した点がもう一つ。

電子レンジや冷蔵庫、炊飯器などのキッチン家電をリビング側から見えないようにしたことです。

電子レンジやエスプレッソマシーンを置いているキッチンのバックカウンターの手前には、3枚引き戸を設置しました。


3枚引戸を占めると、、、


かなりすっきり見えます。


冷蔵庫や炊飯器の設置場所は、下の図面のように、キッチンの一番奥に配置して、リビングから見えづらい位置にしました。


写真で見るとこんな感じで奥まったところに冷蔵庫を置いています。。。


冷蔵庫の対面には造り付けのカウンターがあり、そこに炊飯器やトースターを置いています。


3回に渡り空間をすっきり見せるために工夫したことを記事にしてきましたが、以上になります!


<追伸1>
先日夫が、こちらの本を購入してきました。



この本はセキスイデザインワークスが運営するザ・シーズン(エクステリア・ガーデン&インテリアの設計・施工ショップ)の施工事例を沢山掲載している本です。
我が家は外構工事は既に施工済みですが、素敵な写真に魅かれて、思わず衝動買いしてしまったそうです。
我が家に潤沢に資金があったら、ザ・シーズンさんに外構デザインを依頼したかった…
お洒落な庭の事例が沢山掲載されていて、これから外構工事のプランを考える方にオススメの本です!


<追伸2>
今日は家づくりを計画中の方にオススメなサイトをご紹介します。
こちらのサイトでは、簡単な入力で間取りプランや資金計画書を無料で作成して頂けます。
一括請求で複数のハウスメーカーや工務店に依頼できるので、自宅にいながら間取りや資金計画の比較検討ができるのでオススメです!