2016年2月24日水曜日

予算と広さに余裕があったら付けたかった設備<ベスト3>

前回は付けて良かった設備ベスト6を紹介しましたが、今回は予算と広さに余裕があったら付けたかった設備を、1位から3位を発表したいと思います。

前回の記事はこちら
注文住宅で付けて良かった設備を勝手にランキング!<ベスト6>


まずは第3位からです。


■第3位■外構の目隠しフェンス


我が家は、土地の境界を安価なメッシュフェンスで囲っています。


外構の予算が限られていたため、泣く泣くそうしました。

だけど本当は、周りからの視線を遮るルーバーフェンスにしたかったです。

季節が良い時は、庭のタイルデッキにアウトドア用のテーブルや椅子を出して食事をすることがあるのですが、周りから丸見え…>_<…

家の中に風を入れたい夜にカーテンを開くと、室内が見えてしまいます…>_<…

外からの視線を遮ると防犯上良くないとか一長一短ありますが、侵入出来そうな窓は防犯ガラスにするなどの対策をしているので、やっぱり目隠しフェンスを設置したかったです。

外構の記事はこちら


■第2位■採光と通風が可能なシャッター


仕様を決める時に、リクシルやYKKapのショールームで、採光と通風が可能なシャッターを実際に見て、これはぜひ付けたい!と思いました。

ルーバータイプはこちら
YKKap 電動外付ブラインド

だけど高かった…とっても高かった…

そんな訳でコストの都合で付けられませんでした。

我が家は幸いなことに風通しが良く、夏でも窓を開けて過ごすことが多いです。だけど夜になると外から室内が見えてしまうので、下側10cm位だけシャッターを開けて過ごします。そんな時に、通風可能なシャッターだったら良かったのになぁと思います。

防犯面でもシャッターを閉めた状態で風通しを確保できるので、メリットがあると思います。


■第1位■シューズインクローク


シューズインクロークは設計段階から付けたいと検討していましたが、リビングの広さや玄関の位置を優先して断念しました。

苦肉の策で階段下のスペースを利用した納戸(写真正面の扉)はつけました。


納戸の中はこんな感じ、、、


それでもやっぱり土間の収納が欲しいなぁと思います。

アウトドア用品やカート付きのカバン置き場として、さらには賃貸の時には必要なかったガーデニング用品や雪かきスコップなど、靴のまま入れる収納庫にしまいたいものは沢山あります。

建ぺい率ギリギリで建てた我が家は、これ以上面積を広くすることが出来ませんでしたが、広さに余裕があったら一坪位のシューズインクロークを付けたかったです。

以上が予算と広さに余裕があったら付けたかった設備ベスト3です。。。


<追伸1>
一軒家を建てると決めてから一番最初に購入した本をご紹介します。
限られた面積を有効活用するアイデアが、沢山掲載されています。
間取りと実際のお家の写真も沢山掲載されており、とても参考になりました。




<追伸2>
我が家をほとんど自分達で考えましたが、いくつかの建築会社の間取り作成を依頼して良いとこどりするのも、理想の家づくりの近道だと思います!
こちらのサイトでは、簡単な入力で間取りプランや資金計画書を無料で作成して頂けます。
一括請求で複数のハウスメーカーや工務店に依頼できるので、自宅にいながら間取りや資金計画の比較検討ができるのでオススメです!