2016年1月21日木曜日

植栽は自分達で

予算の都合で、植栽は自分達で行うことにしました。

当初、ガーデニングに全く興味がなかった私達夫婦は、手間がかからない庭にすることを優先しました。

玄関脇と庭にそれぞれ1本ずつ、全部で2本の木を植えました。


樹種の選択


何の木を植えるかとても迷いました。

当初、選ぶ時に重視した点は以下の項目でした。
  • 明るい緑色で細かい葉っぱの木
  • 病害虫に強い
  • 常緑樹
  • 株立ち(根元から数本の幹が立っている)

この条件で探したところ、シマトネリコとハイノキが候補に上がりました。



ハイノキは探している当時は出回っている数が少なく、予算内で気に入る樹形のものが見つけられなかったために一旦保留に。

シマトネリコは庭木として人気が高く、市場に沢山出回っていて、予算内で入手できそうでした。

さらに調べていると、当初は落ち葉拾いが大変そうで敬遠していた落葉樹も、季節を感じて良いのかなと思い始めました。

そこで新たに候補に上がったのがアオダモです。

アオダモはシマトネリコと同じトネリコ属の木で、紅葉する落葉樹です。
幹は成長すると白樺のような白い模様が出るとのこと。


そこで玄関横にはシンボルツリーとしてアオダモを、庭のタイルデッキの横の花壇にはシマトネリコを植えることにしました。


ネット通販で植木を買う


車を持っていない私達は、ホームセンターや植木屋を見て回るのが大変だったので、通販で購入することにしました。

シマトネリコはこちらのお店、
ぐりーんぐりーん

アオダモはこちらのお店で購入しました。

どちらも実物の写真で樹形を確認できたので、安心して購入できました。

事前にネットで植樹の仕方を調べておいて、腐葉土や支柱などを準備しておいたので、届いたその日に植えることができました。

元気な植木が届きましたが、植えてからしばらくして元気がない時期がありました。
心配になって田中緑生園さんにメールで相談すると、とても親切にご対応をしてくださいました。


木の足元には下草を


シンボルツリーのアオダモの足元には、下草として、ヘリクリサムペティオラレ、ヘリクリサムコルマを植えました。





どちらもシルバーリーフで美しい植物です。

下草の周りには、楽天市場で購入した二種類の石を敷き詰めました。



石の下には防草シートを敷いています。

シマトネリコの足元にも、ヘリクリサムペティラレを植えました。


木がある暮らし


当初は敬遠していた落葉樹ですが、アオダモを植えてから10ヶ月経った今、季節を感じる木はとても良いものだと感じます。

春に新芽が出てくると嬉しくなるし、新緑がとても綺麗です。
今年の秋は植えてすぐなので、綺麗に紅葉しませんでしたが、来年以降はどんな姿になるのだろうと、とても楽しみです。

シマトネリコは常緑樹ですが、この冬は落葉して、葉の量が植えた時に比べて半分位になってしまいました。
外構業者さんによると、植えてから1年位は環境に慣れていないので、元気がないことは良くあるみたいです。
今年の春で丸1年になるので、これから元気に育って欲しいです…

我が家は手入れが楽なことを優先して、2本しか木を植えませんでしたが、今考えると、もっと緑あふれる庭にしても良かったかなと思います。

砂利やコンクリートで地面を覆ってしまっているので、今は大きなプランターに、コニファーやカラーリーフを植えて、ささやかですがガーデニングを楽しんでいます。





追伸
こちらの本を本屋さんで見たのですが、外構を考える際にとても参考になりそうでした!