2016年1月16日土曜日

外構 見積もり 〜予算削減のためにしたこと〜

紆余曲折ありながらも外構業者が決まり、

(外構業者を決めるまでの経緯はこちら→外構業者を決める

次は見積もり依頼です。


見積もりをとる


外構業者さんとの最初の打ち合わせは現地で行いました。

担当者のSさんは、キビキビとした印象で好印象。

そして前回の記事でもご紹介したスケッチをもとに、お見積もりをお願いしました。

そのスケッチがこちら


家のプランを考えている時から膨らましていたイメージを、夫がスケッチにおこしました。

まずはやりたい事を全部盛りで、金額を出して頂くことにしました。

そして提示された金額は、、、

予算の30万円オーバー。

Sさんは、
「これはあくまでも叩き台なので、ここから予算に合うようにプランを練っていきましょう!」
と言って下さいました。


予算削減のためにしたこと


頂いた見積もりはかなり細かい金額までしっかり記載されていたので、そこからひたすら電卓を片手に、コスト削減案を考えました。

最初の見積もりから削減した項目は、、、

  • 植栽は自分達で行う
  • ポストを施主支給する(タイル、表札、インターフォンカバーは当初から施主支給予定)
  • 防草シート、砂利敷きは自分達で行う
  • デッキテラスの面積を小さくする
  • 手すりを安価な商品に変更する

これで30万円弱くらい費用を削減しました。

ただし施主支給したものの購入費が、別途でかかっていますが…


防草シートは、楽天市場で以下の商品を購入しました。

もっと安い防草シートもあるのですが、1度敷いたら簡単にやり直せるものではないので、性能面を優先してこの商品に決めました。

一緒に固定用のピンも購入しました。


時間が経つにつれシートが浮いてくることがあると聞くので、50本セットを2セット購入して、念入りにとめることにしました。

砂利は近くの建材屋さんで購入しようと調べていたら、Sさんがうちでサービスしますよと言って下さいました。
さらに防草シートの施工と砂利敷きも、サービスでやって頂けることになりました。

その他の施主支給品は、次回以降にご紹介する予定です。。。


施工管理でお願いしたこと


契約する前に、ブロック積みの時の鉄筋はL字で入れて、太めの鉄筋で基礎にしっかりと固定して下さいとお願いしました。

こちらのサイトは、ブロックの積み方について詳しく説明されています。
参考になります!
http://gaiko-pro.com/block.html

このことでSさんには、私達夫婦が構造面を特に気にする施主だと認識してもらえたようで、職人さん達にそのことを伝え、しっかり現場を管理しますと、心強いお言葉を頂きました。

Sさんは終始私達の立場にたった、誠意ある対応をして下さいました。大変ありがたかったです。


契約書に捺印!


ここまでで現地で2回打ち合わせをして、3回目は外構業者さんの事務所で契約となりました。

もちろんメールや電話でもやり取りをしましたが、最初からやりたいイメージを固めていたので、スピード契約となりました。

新居に引っ越して2週間後に、外構工事がスタートすることになりました。


<追伸1>
引っ越し業者の選定はお済みですか?
家づくり中はやらなくてはならないことが多すぎて大変ですよね。。。
こちらのサイトで我が家もお世話になったサカイ引越センターさんや、アート引越センターさんなど、複数の引っ越し業者さんから一括見積もりをすることができますよ!




<追伸2>
こちらの本を本屋さんで見たのですが、外構を考える際にとても参考になりそうでした!