2016年1月14日木曜日

外構業者を決める

建物のWEB内覧会が一通り終わったので、今日からは外構について書いていこうと思います。

(在りし日の我が家の庭)

初回の今日は外構業者を決める過程についてです。


外構業者をどうやって決めよう…


外構業者を決める方法は、
  • 家を建ててもらった建築会社に紹介してもらう
  • インターネットや情報誌等で自分達で探す
  • 知り合いの紹介
などがあります。

我が家はなるべく金額を抑えたかったので、建築会社紹介の外構業者と自分達で探した数社で、それぞれ相見積をとることにしました。

そこで、家が完成する数ヶ月前に工務店さんに相談しました。
しかし、工務店さんがお付き合いがある外構業者数社は、かなり先まで予約がいっぱいとのこと。
家が完成したらすぐに外構工事をしてもらいたかったのですが、それが難しいと言うのです…>_<…

そこで自分達で外構業者を探すことにしました。


インターネットで業者を探してみたけれど…


まずはインターネットで外構業者を検索することから始めました。

そこで感じたのは、外構業者選びって何を基準に縛りこんだらよいのか難しいということです。
ホームページに出ている金額もピンキリだし、建築会社よりも口コミなどの情報が少ないし…

だけど、見積もりを取ってみないと始まらないので、建築現場の近くの会社で、ホームページで価格が手頃なのをアピールしていて、デザインが良さそうだった業者さんに見積もりを依頼しました。

建物のプランを練っている段階から外構のイメージを固めていたので、それをスケッチにして、希望金額とともに業者さんにお渡ししました。

その時のスケッチがこちら


希望金額は組んである予算より少なめに伝えました。
余剰がでたら繰り上げ返済にあてたかったからです。

そして待つこと一週間。
思いもよらない返事が返ってきました。。。

「ウチはデザインを売りにしてるから、そんなに安くないですよ。安く済ませたいならもっと安さを売りにしてる業者さんいっぱいあるから他あたって下さい。」

ホームページではリーズナブルな価格を売りにしてたのに、まさかのお断りでした。
一週間待ったのに金額すらだしてもらえませんでした。。。

希望金額では無理そうなのはうすうす気がついていたので、金額を出してもらった後に、削れる部分は削って、場合によっては予算を増やすことも考えていたのに、あえなく撃沈。。。

そしてこの頃、街中で外構工事をやっている現場を注意深く見るようにしていました。
それで分かったことは、業者によって施工に差があることでした。ブロックを積む時に使う鉄筋の太さや入れ方も業者によって違いました。

ネットで情報を集めていると、外構工事でトラブルになることも少なからずあることがわかりました。

そんなこんなで、金額が少し高くなっても、工期が遅くなっても、信頼できる業者を工務店さんに紹介してもらった方が良いと判断しました。


運良くキャンセル発生!


改めて経緯を工務店さんに説明して、外構業者さんを紹介して頂きました。

その業者さんのホームページを見ると施工事例もなかなか良い感じ。
工務店さんからも、センスが良くて、施工もしっかりしてる会社だとお墨付きを頂きました。

さらに工務店さんが間に入ると何割がお金を頂くことになるので、直接やりとりをして良いですよとありがたい提案を頂きました。

そしてラッキーなことに、予定していた工事がキャンセルになったために、その期間に我が家の工事をしてもらえると言うのです。

そんなこんなで、その業者さん一本に絞って話を進めることにしました。

そうと決まったら見積もりとプランの作成です!

その様子はまた次回UPします!



追伸1

だいぶ前になりますが、夫のルームシューズを買いました。


インテリアショップでバブーシュを購入すると、結構なお値段がすることが多いですが、こちらはお財布に優しい価格!

素敵なパッケージで届きました。



かかとを折らずに履くと脱げずらく、階段の登り下りも安心です。


私も購入しようかなとお店のサイトを見ていたら、内側ボアタイプを発見!!


購入しようか迷い中です。。。


追伸2

外構のプランを考えている時にこちらの本を購入して、何度も何度も目を通しました。
ハイクオリティな施工事例が満載で、見ているだけでも楽しい本です。
大手ハウスメーカーの庭作りの実例や、エクステリア商品が紹介されています。
さらにシンボルツリーの選び方や、植物の種類の紹介なども掲載され、植栽計画の参考になりますよ!