2015年12月2日水曜日

【WEB内覧会 キッチン 後編】隠す収納で統一感のある空間に

今日はキッチンのWEB内覧会の後編です。


前編はシステムキッチンの周辺をご紹介しました。



今回は背面収納と冷蔵庫置き場などをご紹介していきたいと思います。


三枚引き戸ですっきり空間と使いやすさを両立しました


我が家のキッチンの背面は、天井から床までの三枚引き戸で間仕切りをしています。


三枚引き戸をオープンすると…


カウンターと棚が現れます。

普段はほぼ引き戸を開けた状態で生活していて、来客時に閉めています。

カウンターには電子レンジとエスプレッソマシーンを設置。


カウンター上のコンセントはあえて高い位置に設置して、家電を置いたままでもコンセントを抜き差しが出来るようにしました。

カウンターは買い物から帰って来た時に、買い物袋を仮置きしたり、購入したものを仕分けしたりできるので便利です。

カウンター上の造り付けの棚には、使用頻度の高い食器と鍋やフライパンなどを置いています。料理をしている時に振り返ればすぐに取れるので、とても楽ちんです。

カウンター下は可動棚を2段つけました。
そこにはIKEAで購入した白いケースに、お弁当箱やサランラップ、ゴミ袋などを入れてます。

可動棚の下はゴミ置き場です。

ここで我が家のゴミ箱事情をご紹介したいと思います。
我が家はキッチンカウンターにケユカで購入したゴミ袋ハンガーを二つ設置していて、料理の時にでる生ゴミなどと包装容器のプラゴミを分別して捨てています。


我が家で使っているものはもう廃番なのかWEBショップで見つかりませんでしたが、よりスリムな商品が販売されていました。


三角コーナーを衛生的に保つのは難しいから置きたくなかったのでこうしました。

このケユカのゴミ袋ハンガーは、シンクのすぐ下に設置出来るので、調理中に出たゴミをさっと捨てられます。
ゴミ箱を置くとカウンター下の引き出し収納が開けられなくなりますが、これは引き出しの扉部分に引っ掛けて使用するので、そういったことがありません。
ゴミ袋の設置も、スーパーの袋の持ち手を引っ掛けるだけなので、手間がかかりません。

ある程度ゴミが溜まってきたり、匂いが気になりだしたら、その袋を密封するようにぎゅっと縛って、カウンター下の1番右側のカゴの中にある大きなゴミ袋に入れています。


カウンターの左側は、缶やびん、ペットボトル、燃えないゴミなどを無印良品のグレーの容器を使って分別しています。


三枚引き戸の左側の3分の1は上から下まで可動棚にしています。
こちらはまだ中が整理できていないので、写真の掲載を自粛(^^;;
設計段階で描いたスケッチでご紹介します。


設計当初は、ここには食器や食材を収納する予定でしたが、キッチンカウンター下の引き出し収納などで全て収まったので、今は趣味のものなどいろいろなものを入れています。


三枚引き戸の中の壁は、アクセントクロスとして、こちらの壁紙を選びました。


◇メーカー:サンゲツ
◇品番:ルームエアRE-8176

濃すぎず、薄すぎず、気に入ってます。

メインの白いクロスはこちらを選択しました。


メーカー:サンゲツ
◇品番:SP2338

バックカウンターは、アイカ工業のメラミン化粧板のカウンターを使用しています。


◇メーカー:アイカ工業
◇色番:TJY695K

3枚引戸はリクシルのウッディラインのシルキーアッシュなので、それに1番近い色を選びました。

アイカ工業のカウンターは熱に強く、傷が付きづらいので、キッチン空間でも安心して使えます。


冷蔵庫はリビングから見えない位置に


冷蔵庫置き場はキッチンの奥のこちらにしました。


冷蔵庫が目立つところにあると生活感が出てしまうし、万が一地震で倒れた時に、なるべく危険が少ない場所に配置しました。

下の写真のように、リビングダイニングからは見えません。さらに冷蔵庫の可動音もリビングから気にならないので、この位置にして良かったです。



家電置き場と収納を追加


冷蔵庫の反対側には、トースターや炊飯器を置くカウンター収納と、吊り戸棚を設置しました。


この収納は、システムキッチンと同じTOTOのCJシリーズの収納システムです。
扉の面材はキッチンと同じバニラウッドにしました。

炊飯器置き場はどこにするかとても迷いました。動線を考えるとキッチンのバックカウンターに置く方が良かったのですが、炊飯器から出る湯気で上部の棚に収納したものが湿気るのが心配だったので、今の位置にしました。

下の引き出し収納には普段使わない食器類、上の吊り戸棚は使用頻度が低い調理器具を入れています。


キッチン換気用の窓と光取りの窓


キッチンの奥の突き当りには、天井から床までの窓をつけてもらいました。


上側が縦滑り出し窓で、下側はフィックス窓になっています。

上側の窓は我が家で1番開け閉めする窓です。

料理をする時に換気はとっても重要です。
レンジフードの換気扇は排気はしますが、吸気はしません。
24時間換気口もありますが、窓を開けた方がレンジフードの吸い込みが断然良くなる気がします。

また窓を開ける位置も重要です。
三枚引き戸の横にも窓があるのですが、


こちらの窓はレンジフードの屋外排気口に近いので、せっかくレンジフードから排気した調理の匂いが、室内に入ってきてしまいます。
なのでレンジフードを作動している時は、窓を閉めるようにしています。
間取りを決める時に、レンジフードの排気口と窓の位置関係をきちんと確認するべきでした。

定期的な換気は家を長持ちさせるために大切です。
間取りを決める際は、空気の入れ替えをどの様に行うか念頭に入れて検討することが大切だと思います。

冷蔵庫の上と、バックカウンター上部には光とりの窓を設置しました。



キッチンのWEB内覧階はこれで終わりです。



<追伸1>
これから家づくりをする方におすすめのサイトをご紹介します。
こちらのサイトでは簡単な内容の入力で、複数のハウスメーカーや工務店に一括請求し、間取りプランや資金計画書を無料で作成して頂けます。
自宅にいながら建築会社の比較検討や間取りの提案をいただけるのでオススメです!



大手ハウスメーカーに絞って検討の方はこちらからどうぞ!




<追伸2>
引っ越し業者の選定はお済みですか?
家づくり中はやらなくてはならないことが多すぎて大変ですよね。。。
こちらのサイトで我が家もお世話になったサカイ引越センターさんや、アート引越センターさんなど、複数の引っ越し業者さんから一括見積もりをすることができますよ!





<参考>
キッチンのWEB内覧会の前編はこちら
【WEB内覧会 キッチン 前編】シンプルで機能的なキッチンを目指して・・・ 

キッチンの照明の詳細はこちら
【夜のWEB内覧会】ダイニング・キッチン・ワークスペースの照明は…