2015年11月6日金曜日

トラブル続きの内装工事〜後編〜

前回に引き続き、内装工事中のトラブルについて書いていこうと思います。

【トラブル2】
建具のスマート枠が付けられない!!


我が家の開き戸や引き戸などの建具は、1階はリクシルのウッディライン、2階はリクシルのファミリーラインを採用しました。

ウッディラインはファミリーラインより値がはりますが、カラーリングや枠の形状などの選択肢が多く用意されています。



我が家はとにかく空間をすっきり見せたかったので、ウッディラインを採用した1階の建具は、スマート枠という通常の枠より細く見える枠を使用したいと希望しました。



通常の枠は24mmの太さに対し、スマート枠は部材の一部を壁内に埋め込むことにより実際に見えてくる枠の太さは10.9mmと半分以下で、かなり印象が違います。
リクシルのショールームを見た時から、絶対スマート枠にしたいっ!と思いました。

そこで工務店さんに事前に相談し、了解いただいておりました。

さらに自分達で制作した仕様を書きこんだスケッチにも、スマート枠と各々の建具に書き込みました。





しかし、現場に建具が施工し始めると…



枠が太い



枠がふーとーいー((((;゚Д゚)))))))

すぐさま工務店さんに確認すると、今回も現場と仕様担当者の連携ミスでした。

しかも、スマート枠に修正するには石膏ボードをはがして、下地の枠組みから全て作り直さなければならないことが発覚…>_<…

大工さんの頑張りを見ていただけに、さすがにやり直して下さいとは言えませんでした。

そんな訳でスマート枠はあきらめることになりました。

今は家が完成してしばらく経つので、見慣れたので何も感じなくなりましたが、こうやってブログに書くことで改めて考えると、スマート枠だったら空間がもっとすっきり見えたんだろうなぁと思います。

今お家を計画している方でスマート枠を採用したいと考えてる方は、通常の枠とは違う構造になりますけど大丈夫ですよね?と窓口担当者に確認はもちろんのこと、現場監督や大工さんにもかなり早い段階で確認をした方が良いと思います。


【トラブル3】
キッチンカウンターの袖壁の木目がつぎはぎになる!?


我が家は対面キッチンを選択しましたが、キッチンカウンターに置く洗いもの用の水切りカゴや調味料などがリビングから見えないように、通常より高めの高さ120cmの袖壁をたてることにしました。

完成予定イメージのスケッチがこちら


建具と同じシルキーアッシュという木目柄の化粧板をリクシルに発注し、その袖壁に貼る予定でした。
そうすることで背面収納の三枚引き戸と同じ木目柄になり、空間に統一感がうまれるはずでした。

しかし工事が始まって材料を発注する段階になって、化粧板を製作できる最大寸法が決まっており、我が家の袖壁のサイズは1枚板では製作できないことが発覚したのです。

何枚か貼り合わせて使うことも考えたのですが、見栄えが悪くなるのが容易に想像できたので、シルキーアッシュの化粧板を使うことはあきらめました。

そこで代替案として浮上したのが、タイルを貼ることでした。

我が家はテレビボードの背面にタイルを施工する予定でしたので、それと同じタイルだったら、空間にも統一感がでると思ったのです。

ちなみにそのタイルはこちら

サンワカンパニー/パヴェウォール/グルジオ

実はこのアイデアは、仕様を検討している段階から夫婦間では話していました。
しかし、施工費を考えると無理だよねという結論になっていたのです。

そこでさっそく工務店さんに交渉しました。

当初からタイルは施主支給する予定でいたので、タイルの材料費はこちら持ちで、施工費はサービスして欲しいとお願いしました。

すると担当者さん、
「タイルの手間賃はかなり高いんですよ…」

そこですかさずくいさがる夫、
「スマート枠の件もあったのでそこを何とか…」

困りつつも担当者さん、
「そうですよね…やっちゃいましょう!!」

そんなこんなで手間賃は工務店さんが負担してくださるという嬉しいお返事を頂きました。

実際に完成したのがこちら



タイルと建具の相性が良く、結果的には満足しています。


内装工事中のトラブルに遭遇してのまとめ


前編、後編に渡って書いてきた内装工事中のトラブルですが、実はこの他にも詳しく書き切れないトラブルがいっぱいありました。

例えば、予定と違う建具が施工されていたり、柱が干渉して予定していた位置に建具が付けられなかったり、折り上げ天井の深さが事前に聞いていた深さと全然違っていたり…

部品の交換などで直せる部分は当初の予定通りに修正してもらいましたが、構造や技術的に修正が無理だった部分は、変更することになりました。

家づくりを計画している時に、沢山の方々の家づくりブログを拝見し、トラブル発生の記事もいっぱい読みました。
そこで少しでもトラブルを回避できるようにと、やりたい項目をスケッチや箇条書きのリストにまとめて、分かり易く伝える様に努力しました。

しかし残念ながら、いろいろとトラブルが発生しました。

それでもスケッチやリストを作った事は無駄ではなかったと思っています。
問題が発生した際は、それらの資料を提示しながら、私達はしっかりお伝えしましたよねといった感じで、修正をお願いすることが出来ました。

そして現場に頻発に足を運ぶことの重要性をすごく感じました。

大変ありがたいことに、私達の家を建ててくださった大工さんは、疑問に感じたり、おかしいと思った箇所があった場合は、その部分の施工は後回しにして、週末に私達が現場に行った際に相談し、解決してから作業に取りかかるようにしてくれていました。
また作り直しになった場合でも、嫌な顔をせず、気さくに応じてくださいました。

現場に頻発に足を運ぶと、問題に早く気が付くことができますし、職人さん達とコミュニケーションが沢山取れます。
職人さんと親しくなればなるほど、問題が起きた際、親身になって対応してくださると思います。

今は無事に家が完成した後なので、トラブルの内容をさらっと書いていますが、当時は泣きたくなったり、夜眠れなくなるほど悩んだりもしました。
かなりピリピリしたムードで、工務店さんと話し合いをしたこともありました。

思い返してみると、これまでの人生で経験したことがない高額な買い物だし、これからずっと暮らしていく家になるというプレッシャーから、必要以上にナーバスになっていた部分もあったと思います。

最終的に思い通りにならなかった部分もありますが、今のところは大きな不具合はなく、毎日快適に暮らしています。
建築途中に生じた問題に対して、誠実に対応してくださった工務店さんに、今では大変感謝しています。


追伸:
家づくりをする上でとっても迷う寸法関係が、事例写真と共に沢山紹介されています。
もし間取りや仕様を決めている段階でこの本に出会っていたら、迷わず買っていたと思います。
建築士さんにお任せではなく、自分でもいろいろと調べて家づくりをしたい方にオススメです!