2015年11月3日火曜日

上棟後の木工事

今日は上棟後の木工事の様子をつづっていこうと思います。

我が家は軸組パネル工法のため、上棟した後はまずは間柱を建てていきます。



この写真は2階に上がって撮影しました。

高所恐怖症の私は、工務店選びの際に現場見学をした時は、怖くて2階に上がる脚立を登ることが出来なかったのですが、自分の家となるとそうは言ってられません。
最初の方は恐る恐るでしたが、工事が進むにつれてすいすい上がれるようになりました。
家と共に私も少しだけ成長しました(^_^;)

2階に上がると土地の状態では分からなかった見晴らしが確認できて、テンションが上がります。

続いて構造壁となる構造用面材が貼られていきます。



我が家はnovopan STP Ⅱという構造用面材で、一般的な筋交いや構造用合板より壁の強度が強いらしいです。

家の中からはこんな感じです。


壁と柱の下側が赤くなっているのは、防蟻処理を施したからです。



この後、外部は透湿防水シートで覆われてサイディングが施工されていきます。

透湿防水シートは少しの破れや穴あきが雨水の浸入の原因になるそうなので、自分達の目でもくまなく確認しました。


ちなみにサイディングは、下記通りです。

<白い部分>
ケイミュー
エクセレージ・親水セラ15
スマッシュライン15
シルクアクアホワイトE

<グレーの部分>
ニチハ
モエンエクセラード16
オペリアシリーズ
アリエッタ
デリアMGエアグレー

サイディング選びの詳細こちら
http://sutekiouti.blogspot.jp/2015/10/blog-post.html


続いて内部は吹付け断熱の施工がされました。


工務店さんの標準仕様は、吹付け断熱は壁だけで、屋根裏はグラスウールの仕様だったのですが、オプションで天井も吹付け断熱にしました。


後から知ったのですが、屋根裏を吹付け断熱にするのは、雨漏りした際に分かりづらいため賛否両論あるようですね...

我が家は大丈夫か??と心配になりますが、家を建ててくれた工務店さんは、もともと屋根と外壁を専門に施工している会社が、15年前位から一軒家事業を始めたらしく、それから建てた家は雨漏りは一度もおこしてないと言っていたので、その言葉を信じたいと思います。

ちなみに屋根材の下地にルーフィング(防水シート)が施工してあるのですが、そのシートの重ねしろは規定の倍とっているらしいです。
屋根を専門に施工してきた工務店さんのこだわりらしいです。


吹付け断熱が終わると、天井の石膏ボードをはるための野縁が作られていきます。



木工事の段階では毎週末、現地を見にいきました。

特に夫は、大工さんが作っている姿を見るのがとても楽しかったらしく、何時間も飽きずに見ていました。

大工さんは日が暮れても、ライトをつけてもくもくと作業を続けていました。


内装工事の続きは、また次回UPしたいと思います。


追伸:
家づくりをする上でとっても迷う寸法関係が、事例写真と共に沢山紹介されています。
もし間取りや仕様を決めている段階でこの本に出会っていたら、迷わず買っていたと思います。
建築士さんにお任せではなく、自分でもいろいろと調べて家づくりをしたい方にオススメです!