2015年11月18日水曜日

【WEB内覧会 玄関】一坪玄関でも素敵な空間にしたい!!

今日からいよいよWEB内覧会をしていきたいと思います。

初回は玄関をご紹介します。


奮発して付けた目隠しルーバー


我が家は公道に面した玄関なので、玄関扉の前に目隠しのルーバーを付けました。


この目隠しルーバー、予算が限られている私達にとっては、とっても高い出費になりました。
その費用は約25万円…

途中で何度かコスト削減候補に上がったのですが、家の外観のポイントだからと夫が頑として譲らず、採用に至りました。

玄関ドアを全開に開けても通りの目線が気にならないし、来訪者の方にも好評で、付けて良かったと思います!


迷いに迷った玄関ドア


こちらが我が家の玄関です。


玄関ドアは
◇メーカー:YKKAP
◇シリーズ:ヴェナート
◇型:P01
◇色:ビターストーン
◇鍵のシステム:NEWポケットKey
にしました。

仕様を決める際に、リクシルのジエスタシリーズの玄関ドアとYKKAPのヴェナートのどちらにするかとても迷いました。

ジエスタのデザインの方が好きだったのですが、防犯性や鍵のシステムの使い勝手がヴェナートの方が勝っていると感じました。

最終的には機能性を優先してヴェナートにしました。

1番シンプルなドアに片袖FIXの窓にして、玄関内部に光りを取り込むようにしました。
玄関扉を1番リーズナブルな型を選んだので、片袖FIXの窓は追加料金無しで付けて頂きました。

扉の色もとっても悩みました。
我が家の外壁は白がメインカラーなので、白やシルバーの扉にして外壁と馴染ませるか、逆に濃い色にしてアクセントにするか…
近所を散歩しながら沢山のお家の玄関を見て周り、濃い色の方が高級感が出ると思ったので、ビターストーンという色にしました。


鍵のシステムはNEWポケットKeyを選択しました。
ポケットKeyはカバンに鍵を入れたままでも、ドアの取っ手のボタンを押すだけで、鍵の開錠と施錠が出来るのでとても便利です。


一坪玄関を広く見せる工夫


玄関扉を開けると…


我が家はリビングの広さを優先したので、玄関の広さは土間とフローリングの部分を合わせてわずか一坪。
かなりコンパクトです。

少しでも空間を広く見せるために、下駄箱収納の高さを低くして圧迫感が出ないようにしました。
さらに床から浮かして設置することで、土間とフローリングが少しでも広く感じるように工夫しました。

実際に生活を始めてからも、極力土間には物を置かない様にしています。
靴は夫と私、それぞれ一足ずつしか表に出さないようにしています。

靴以外は傘立てしか置いていません。


傘立ては賃貸時代から使っているもので、コンパクトでシンプルなデザインがお気に入りです。


一坪玄関は、夫婦二人で生活するには問題ありませんが、理想を言えばもう少し広い方が良かったかなぁと思います。


間接照明で雰囲気のある空間を演出


玄関の照明は、下駄箱収納の上に設けた下がり天井の裏側に、天井を照らすコーブ照明設置しました。
さらに下駄箱収納の下に、足元の床を照らす間接照明をつけました。
二つの照明を連動させて、人感センサーで自動点灯するようにしました。


これだけでは光量が足りるか心配だったので、ダウンライトも予備として付けました。


こちらは通常のスイッチでオンオフします。

実際に生活してみると、間接照明だけで十分な明るさなので、ダウンライトはめったにつけません。

<参考>
玄関の照明のもっと詳しい情報はこちら
【夜のWEB内覧会】玄関の照明は… 


プライバシーに配慮した窓配置


コーブ照明を設置した下がり天井の下には、横長の高所横滑り出し窓をつけました。


この窓のむこうはお隣さんのリビングに面しているので、お互いの視線が気にならないように、すりガラスの高所窓にしました。


階段下のスペースを利用した収納庫


玄関を入って右側の扉はリビングへの入口です。
正面の扉は階段下のスペースを利用した収納庫になります。


収納庫の扉を開けると・・・


本当はシューズインクロークが欲しかったのですが、リビングの広さを優先して断念しました。

空間が狭過ぎてうまく写真におさめることができなかったので、スケッチで棚割をご紹介します。


下駄箱収納の容量が少ないので、普段履かない靴は右側の可動棚へ。
その他アウトドアグッズや脚立、スーツケースなどは左側のスペースへ収納しています。

花粉症の季節は、花粉をリビングに持ち込まないように、帰宅後のコートやアウターは、正面にあるコートハンガーにかけています。

収納庫内には光取りと空気の入れ替えのために、縦滑り出し窓を設置しました。

床のカーペットは、ホームセンターでメーター売りのハサミで切れるカーペットを買ってきて、引っ越し前に敷き詰めました。
床を傷つけるのを防止出来るので、スーツケースや脚立を気楽に出し入れできます。

デッドスペースを有効活用し、とても便利な収納空間になりました。


各部材のご紹介


土間の部分のタイルは、工務店の標準品で気に入るタイルがなかったので、施主支給しました。


◇メーカー:アドバン
◇品名:ペーブワイルド
◇色:グルジオ
タイル選びは、とても苦労しました。
その時の様子をつづった記事はこちら

フローリングは
◇メーカー:リクシル
◇シリーズ:ハーモニアス12
◇色:トレンドチョークオーク
にしました。

下駄箱収納と室内扉は
◇メーカー:リクシル
◇シリーズ:ウッディライン
◇色:トレンドカラーのシルキーアッシュ
です。

手すりは施主支給しました。


◇メーカー:カワジュン
◇品番:KH-31-TN
◇色:サテンニッケル

手すりをつけるのはもっと年をとってからでもいいのかなと迷いましたが、靴を履く時に壁に手をついて、壁紙を汚すのが嫌だったので付けました。
実際に生活をしてみると、靴を履く時に無意識に掴んでいるので、付けて良かったと思います。

こちらの手すりはカワジュンさんの公式オンラインショップで購入しましたが、楽天市場だと安く購入できるみたいです。

カワジュンさんの公式オンラインショップ
http://shop-kawajun.jp/fs/kawajun/KH-31-TN

楽天市場


壁紙は・・・

メインカラー


◇メーカー:サンゲツ
◇品番:SP2338

アクセントクロス


◇メーカー:サンゲツ
◇品番:ルームエアSG-942

アクセントクロスは少しだけラメが入っているので、ダウンライトの光にあたると、さりげなくキラキラしてとても綺麗です。


玄関は以上です。

次回はリビングをご紹介する予定です!


<追伸1>
これから家づくりをする方におすすめのサイトをご紹介します。
こちらのサイトでは簡単な内容の入力で、複数のハウスメーカーや工務店に一括請求し、間取りプランや資金計画書を無料で作成して頂けます。
自宅にいながら建築会社の比較検討や間取りの提案をいただけるのでオススメです!



大手ハウスメーカーに絞って検討の方はこちらからどうぞ!




<追伸2>
引っ越し業者の選定はお済みですか?
家づくり中はやらなくてはならないことが多すぎて大変ですよね。。。
こちらのサイトで我が家もお世話になったサカイ引越センターさんや、アート引越センターさんなど、複数の引っ越し業者さんから一括見積もりをすることができますよ!