2015年11月12日木曜日

引っ越しの準備

引っ越し業者を決める


家の完成が近づいてくると、引っ越し業者を決めなければなりません。

我が家は2月中頃に新居が引き渡しになる予定でしたが、工事が遅れ気味だったので2週間ほどマージンをとって、3月の頭に引っ越すことにしました。

その時期は引っ越しのハイシーズンで、費用が高くなることが懸念されました。

ネット情報によると、引っ越し業者への見積もりは早ければ早いほど、金額や日取りの良い条件が引き出しやすくなるとのことだったので、引き渡しの1ヶ月半位前に見積もりに来て頂きました。

当初から、パンダのマークでお馴染みのS社さんにお願いしようとほぼ決めていました。
その理由は、結婚した時に夫も私もS社さんに引っ越しをお願いし、仕事がとても丁寧で費用も安かったからです。

だけど一社だけの見積もりだと、価格交渉もしづらいと思ったので、相見積をとることにしました。

そこでS社さんのライバル会社と言われているアリのマークでお馴染みのA社さんにも見積もりをお願いしました。


先に見積もりに来たのがA社さんでした。

この後S社さんも見積もりに来る予定だと伝えると、A社の営業さんは、
「それならば頑張らせて頂きます」
とネットで調べていた相場よりも、かなり安い金額を提示してくださいました。

さらに
「ここで即決して下さるなら、さらに値引きします」
とのこと。

とは言うものの、S社さんの見積もり結果を聞いた後でも、交渉したらきっと値引きした金額に応じてくれるはずと思ったので、とりあえず保留にしました。


その数時間後、本命のS社さんが見積もりに来ました。

S社さんが最初に提示した金額は、A社さんより数万円高い金額でした。

そこで交渉開始。
「実は他社さんから◯万円と見積もりを頂きました。私達は以前もS社さんにお願いして、とても良い仕事をして下さったので、ぜひ今回も利用したいと思っています。同じ金額にしていただけるなら即決します。」
と伝えました。

でもA社さんの提示した額が相当安かったらしく、S社の営業さんは、
「その金額ですか…とりあえず上と相談します。」
とかなり渋い顔。

その場で上司の方に電話をしはじめました。

私達が希望した日は3月始めの土曜日で、しかも大安。
条件の良い日だったので、電話越しの上司の方もかなり渋っているようで、S社さんから逆に提案をされました。
「希望日の前日の金曜日なら、その金額でやります」
とのこと。

金曜日は引っ越しの準備で二人とも会社を休む予定だったので、その条件でのむしかないかなぁと思い、分かりましたと伝え、申し込み用紙を夫が書き始めました。

でもやっぱり前日が仕事だと荷造りが大変だし、しかも仏滅だしと思い、私は夫に言いました。
「やっぱり土曜日が良いからもう一社さんの方にしない?」
この時私は本心で言ったのですが、夫は私が粘りの交渉をふっかけたと思ったそうです。

その言葉で焦ったS社の営業さんは、再度上司の方に電話で相談してくださいました。
そして最終的には、土曜日にこちらが希望した金額で引き受けてくださる事になりました。

そんなこんなで正式にS社さんにお願いすることになりました。

相見積をとって良かったなぁと思いました。


引っ越しの荷造り


S社さんに見積もりを頂き申込書を書いたその日に、段ボールとガムテープを置いていって下さいました。

その日から一日一箱を目標に、少しずつ荷造りを始めました。
少し気が早いかなぁとも思ったのですが、新居に持っていくもの、捨てるもの、売るもの等をじっくり吟味したかったので、普段使わないものから段ボールにつめていきました。

不要な本やCDはBOOK OFFへ売りにいき、不要な家具や照明はリサイクルショップに買い取りに来て頂きました。
さらに夫が趣味で集めていたレコードも半分以上手放すことにしたので、レコードショップに宅配で買い取りを依頼しました。
全てで5万円以上は換金できたので、引っ越し費用のたしになりました。

早めに引っ越し準備を始めたので、新居でどこに運んでもらうかを考えながら箱詰めすることができたし、旧居の掃除もしっかりできたので良かったです。

引っ越し前日の夜↓



引っ越しの準備で役立ったグッズ


荷造りの際に建築現場で使われている養生テープがとても役立ちました。


綺麗に剥がれるので、家電製品のコードをまとめて家電本体に貼りつけておいたり、家具の扉が開かない様にとめたりしました。
さらに家具や家電の行き先を油性ペンで養生テープに書いて、そのものに貼りつけておいたので、引っ越し当日はとてもスムーズに新居に運び入れができました。


梱包材はエアパッキンをロールで買うのが断然お買い得です!



ダイソンのスティック&ハンディクリーナーもとても役立ちました。
短いノズルの方は、電車移動の場合でも手持ちで運べるので、引っ越し屋さんが荷物を運び出した後に、旧居をお掃除するのに大活躍でした。
また冷蔵庫の裏等、事前に動かせなかったものを引っ越し屋さんが動かした時に、ささっとホコリを吸い取るのにも重宝しました。


我が家は引っ越し前にダイソンを購入したのですが、新居に引っ越してからも大活躍しています。
階段の掃除もコードレスなのでとっても楽ちんです。
普通の掃除機もあるのに、ほぼダイソンのスティック&ハンディクリーナーで家中を掃除しています。
ただ一つ残念ポイントを挙げるとすると、家を全て掃除しきる前に充電池なくなってしまうことです。
それでも買って良かったと思っています。