2015年10月5日月曜日

床材を決める

今日は床材を決めるまでの過程をUPしたいと思います。

床材はお部屋の印象を決める一番重要な要素です。

多くのお家は木目のフローリングを使用することが多く、無垢フローリングと複合フローリングのどちらかだと思います。

それぞれのメリット、デメリットを挙げていこうと思います。

無垢フローリング


天然木の一枚板を床材に加工した床材。
様々な樹種がある。

<メリット>

  • 自然材ならではの風合いがあり、表情が豊か
  • 木の香りや肌触りを楽しめる
  • 踏み心地が柔らかく、足腰に負担が少ない
  • 保温性が高く、冬暖かい

<デメリット>

  • ワックスがけなど定期的なお手入れが必要
  • 傷や凹みがつきやすい
  • 水に弱い
  • 材料の収縮があり、反りや寸法の狂いがでやすい
  • 色や柄のばらつきがでやすい


複合フローリング


合板の上に、化粧材を貼った床材。
化粧材には、樹脂シートを用いたものや突き板(薄くした天然木)が用いられる。

<メリット>

  • メンテナンスがしやすい
  • 色や柄のばらつきが少ない
  • 寸法の狂いが少なく、品質が安定している
  • 耐摩耗性や耐水性を強化した製品がある

<デメリット>

  • 踏み心地が硬い
  • 無垢フローリングのような自然の風合いがない
  • 単調な印象があり高級感が得にくい


以上のことが挙げられます。

我が家は最初から複合フローリングにしようと決めていました。

本やインターネットで見る素敵なお家だなぁと思う家の床材は、無垢フローリングのことが多かったのですが、私達には定期的なワックスがけは無理だと思ったし、水滴の染みや傷をいっぱいつけてしまいそうと思ったので、メンテナンス性や耐久性を重視して複合フローリングを選択しました。


そして我が家が選んだフローリングがこちら

【LIXIL】
ハーモニアス12
トレンドチョークオーク

ひきで撮った写真はこちら

工務店の標準仕様はLIXILのDフロアかEIDAIのフローリングだったのですが、このハーモニアス12のトレンドチョークオークの色合いに一目惚れして、どうしてもこのフローリングにしたいと思いました。

そこで工務店さんに相談しました。
ハーモニアス12は、Dフロアよりグレードが上だったので、オプション料金が発生するかなと思っていたのですが、全室を同じフローリングで統一するという条件で追加料金なしで変更して頂けることになりました。

このフローリングに一目惚れして、内装材の中で一番最初に決めたこの床ですが、途中迷いが生じたこともありました。

LIXILの新宿ショールームで、少し広めにトレンドチョークオークが施工された展示があるのですが、昼白色(青白い色)の照明だったせいか、青みがかった色に見えました。
それを見て、もしかしてクセのある空間になってしまうかもと不安になりました。

我が家は電球色の照明をメインに使う予定でしたので、電球色と自然光の中での空間展示が見たいと思いました。
そこで、LIXILのHPでトレンドチョークオークの空間展示があるショールームを探して、電話で照明の色と自然光が入るかを聞いて、その頃は東京在住でしたが、電車で一時間以上かけて埼玉のショールームや神奈川のショールームまで見に行ったりもしました。

いろいろ見て、最終的にはこれでいこうと決めたのですが、実際に施工されるまではとても不安でした。
完成後の今は、色合いや柄の風合いがとっても気に入っています。

我が家は洗面所とトイレもこのフローリングで統一しています。

実は洗面所とトイレは、着工が始まった後に、夫が追加料金を払ってでも、どうしても床をタイルにしたいと言い出したのですが、タイルとフローリングでは厚みが違うので、段差なく施工するには、設計の段階から土台部分の寸法を調整しなくてはならないので、今からの変更はできませんと工務店さんに言われて断念しました。

それならば、水に強いクッションフロアやPタイルにした方が良いのかなと迷いもありましたが、半年間生活してみて、水の染み込み等は一切なく、今のところは問題ありません。

また、賃貸の時のフローリングと比べて、傷や凹みが本当に付きづらく、メーカーが高性能を謳っているだけあるなぁと思いました。
このフローリングにしてとても良かったです!


<追伸1>
家の外観や内装のデザインを検討する際に、こちらの本がとても参考なりました。
この本の著者の西山哲郎さんは、宮崎県にあるチトセホームの代表取締役社長さんです。もし宮崎県にマイホームを建てるならチトセホームさんにお願いしたかったです。
細部のディテールにまでこだわったシンプルで美しい家づくりのノウハウを知ることができるので、とてもおすすめの本です!




<追伸2>
今日は家づくりを計画中の方にオススメなサイトをご紹介します。
こちらのサイトでは、簡単な入力で間取りプランや資金計画書を無料で作成して頂けます。
一括請求で複数のハウスメーカーや工務店に依頼できるので、自宅にいながら間取りや資金計画の比較検討ができるのでオススメです!