2015年10月31日土曜日

基礎工事

長らく間取りや仕様決定のことを記事にしてきましたが、今日からは建築中のことを書いていきたいと思います。

建築現場は、その時住んでいた賃貸から電車で1時間以上かかる場所だったので、週末か平日の夜しか見にいけませんでした。
写真も撮ったり撮らなかったりでとびとびですが、良かったらお付き合い下さい!


着工するとまず行うのが基礎工事です。

基礎工事はとても進むのが早くて、着工して少ししてから現場にいくと、すでに鉄筋が組まれていました。



整然と並んだ鉄筋を見た時は、とても感動しました。

私達二人のために、こんな大変な作業をしてくださるなんてと(家を建てるうえでは、ごくごく一般的なことかと思いますが...)、少し恐れ多い気持ちにもなりました。

この日はちょうど、建築確認と耐震等級3の住宅性能証明を取得するための配筋に関する中間検査を終えた日でした。
配筋が規定通りのスパンで施工されているかなどの検査が行われました。
やっぱり第三者の目があると、安心感が増します。

この翌日、耐圧盤(基礎の土台の部分)が打設されました。

我が家は全面道路から少し高低差があるために一部高基礎の部分があり、通常の基礎より鉄筋やコンクリートの量が多くなりました。
その分の金額が上乗せになりますが、土留めをしてから通常の基礎を作るよりは費用が安く、駐車場も広くとれてスペースの有効活用になるので、高基礎を選択しました。

耐圧盤の打設が終わると、次は立ち上がり部分の打設です。


週末に打設だったので見学にいきました。
最初は少しだけ見てすぐに退散しようと思っていたのですが、次に次にミキサー車がきて流し込んでいく様子を夢中になって見ているうちにあっという間に時間が過ぎ、結局最後まで立会いました。

その後、養生期間をおいて脱型して基礎が完成しました!!


基礎工事が終わるといよいよ上棟です。
その様子はまた次回UPしようと思います。


<PR>