2015年10月26日月曜日

スケッチに着色して壁紙を検討する

工務店さんに仕様をわかりやすく伝えるために描いたスケッチですが、壁紙を決める際にも役立ちました。

壁紙を決める時の様子は「壁紙を決める」の記事でUPしましたが、それに加えて、スケッチに着色をして空間の色味を検討しました。

抜粋してその時のスケッチをご紹介します。

リビングを着色したものがこちら↓

別のアングルから↓

キッチン、ワークスペース↓
寝室↓
アクセントクロスの位置をどこにするか迷った箇所は、何パターンも作り検討しました。

1階トイレ↓


階段の吹抜け↓

スケッチに色をつけることで空間をイメージしやすくなり、壁紙を選びやすくなりました。


<参考>
他にもいっぱいスケッチを書きました。
もっとご覧になりたい方はこちらからどうぞ

○仕様を分かりやすく伝えるために

○リビングの仕様をスケッチにまとめる

○キッチンの仕様をスケッチにまとめる

○玄関、廊下、階段、2階ホールの仕様をスケッチにまとめる


<追伸>
家の外観や内装のデザインを検討する際に、こちらの本がとても参考なりました。
美しい家をつくるノウハウが沢山載っていて、おすすめです!