2015年10月25日日曜日

2階寝室、洋室、小屋裏の仕様をスケッチにまとめる

数回にわたってご紹介してきた「仕様をスケッチにまとめる」シリーズ。
今日でいよいよ最終回です。

今回は2階の寝室、洋室2部屋、小屋裏スペースのスケッチをご紹介します。

まずは寝室から↓

ベッドの枕元の壁に、奥行き15cmほどのカウンターを設けることにしました。目覚まし時計や携帯電話を置くためです。

右側にある引戸はウォークインクローゼットの扉です。

反対側のアングルからみたスケッチがこちら↓

テレビを壁掛けにできるように、壁の中に配線用の隠蔽配管を通しておくことにしました。

天井には小屋裏スペースに上がるための天井収納ハシゴがつきます。


小屋裏スペースのスケッチがこちら↓

小屋裏スペースは天井高が一番高いところで140cmです。
140cm以下だと、建築基準法上で延床面積に算出されないためです。


続いて2階南側の洋室です↓

反対側のアングルはこちら↓

左側の窓を高所窓にした理由は、お隣さんがこちら側に窓があるので、プライバシーに配慮しました。


最後に北側の洋室のスケッチです↓

この部屋は、建築基準法の北側斜線の関係で天井が一部斜めになります。

スケッチは以上です。


追伸:
家づくりをする上でとっても迷う寸法関係が、事例写真と共に沢山紹介されています。
もし間取りや仕様を決めている段階でこの本に出会っていたら、迷わず買っていたと思います。
建築士さんにお任せではなく、自分でもいろいろと調べて家づくりをしたい方にオススメです!