2015年10月22日木曜日

キッチンの仕様をスケッチにまとめる

今日は、仕様をまとめたスケッチのキッチン編をUPしていきたいと思います。

我が家のキッチンはLDKにある対面キッチンです。


キッチンカウンターに置く洗い物の水切りカゴなどが、リビングから丸見えにならないように、通常より高めの袖壁を指定しました。



キッチンの背面収納の3枚引き違い戸の中は、棚やカウンターの高さを細かく指定しました。

カウンターに置くオーブンレンジの大きさや、棚に置く鍋の大きさなどを細かく測ったり、自分達の身長を考えて、固定棚の高さを決めました。




キッチン横のワークスペースやニッチ棚の高さも細かく指定しました。

スケッチは夫婦で手分けをして作成したのですが、メジャーでいろいろなモノの寸法を測定しながら、あーでもない、こーでもないと相談しながら決めました。

間取りの段階から何をどこに収納するかを決めておくと、それを考慮しながら棚割を決められるので、より使いやすい空間になると思います。

仕様決めの段階になると、決めなければならないことが沢山あり過ぎて、投げやりになったり、適当になってしまいそうになる瞬間がいくたびもありましたが、ぐっとこらえて頑張りました。
家が完成した今、あの時頑張っておいて本当に良かったと思います。
ああすれば良かったかなと考えることもありますが、全力を尽くして考えた結果が今の家だからと、納得することができます。

現在進行形でお家を計画している皆さん、今の苦労はきっときっと報われるはずです‼︎


追伸
先日、本屋さんで家づくりコーナーの書籍を見てきました。
こちらの本を売り場で目を通してきたのですが、参考になりそうな内容が満載でした!