2015年10月21日水曜日

リビングの仕様をスケッチにまとめる

今日から、仕様が決まった後に作成したスケッチをUPしていきたいと思います。

今回はリビング編です。


このスケッチは、ブログのトップに使用している写真と同じアングルから描いたスケッチです。
改めて二つを見比べると、完成後にかなり近いスケッチを描いていたんだなぁと感じます。

スケッチには建具の種類や施主支給するものなど、細かく記入しました。



我が家は、間接照明やカーテンレールを設置するための折上げ天井を造作する箇所があったので、その詳細を詳しく描きました。



施主支給して設置してもらうものは下地が必要になる場合が多いので、早い段階から、どこに何をつけるのかを、工務店さんにお伝えしておく必要があります。



お渡ししたスケッチは、工務店さんでラミネート加工をしてくださり、大工さんに渡してくださいました。

家づくりをする中で、言った言わないで揉めることは多いと聞きます。
我が家は、工務店さんに要望を伝える際は、スケッチや図面に内容を書きこむか、メールで文章にするなどして、全て後に履歴が残るかたちでお伝えしました。
その甲斐あって、その様な揉めごとはなく家づくりを進められたと思います。

要所要所で問題が起きた事もあったけど、細かい要求に真摯に対応してくだった工務店さん、大工さんに今ではとても感謝しています。


次回はキッチン空間をUPする予定です!


追伸
今日、本屋さんで家づくりコーナーの書籍を見てきました。
こちらの本を売り場で目を通してきたのですが、参考になりそうな内容が満載でした!