2015年9月10日木曜日

土地探し~2~

初めて土地探しの相談に行った翌週、再び不動産屋さんに行きました。

不動産屋さん営業マンのTさんは、準備万端で迎えて下さいました。

私達の条件にあう土地の情報を沢山用意してくださっていて、その中から気になる土地を抜粋して現地に行きましょうとのことでした。

そして現地を何箇所か見せてもらいました。

そこで感じた事は、『土地探しってとっても難しい!』 ということです。

同じ広さの土地でも建蔽率が違えば、建てられる家の広さが変わります。
それならば建蔽率が高いほうが、広い家が建てられるから良いと思いがちだけど、建蔽率が高いほど敷地いっぱいに家が建てられるので、日当たりの確保が難しかったり、風通しが悪いことがあります。

さらに同じ価格でも、土地の条件によって最終的にかかる金額が変わってきます。

古家付きだと解体費がかかるし、もし高低差のある土地で、擁壁が現在の建築規準法にあっていなければ、作り直しが必要になり、その費用が余分にかかります。

さらに、水道は引き込み済みか、防火地域に指定されているか、さまざまな事を考慮しなければなりません。

そのような事を、Tさんはいろいろ説明しながら案内して下さいました。

そしてさらに、今後の家づくりの参考にと、建て売りの物件を内覧させて下さいました。
今思うと、これはとてもありがたかったです。
建て売り住宅は、住宅展示場のモデルハウスと違って、現実的な広さとコストなので、平米数に対する広さの感覚がつかめたし、プランの参考になりました。

そんなこんなではじめての現地見学は、内容が濃い一日になりました。


~次へ続く~

追伸:
家づくりのことがわかりやすくまとまっていて、おすすめの本です!