2015年9月30日水曜日

外壁を決める~サイディングvsモルタル編~

今日は外壁を決める過程を記事にしていきたいと思います。

外壁を決める時、まず一番に決めることは外壁の種類を何にするかです。

本当の理想を言うと、高級感があり、経年劣化が少ない総タイルのお家に住みたかった。。。

でも、でも、でも、我が家は予算に限りがあります。
このフレーズを書くのは何度目だろう…(汗)

そんな訳で我が家で実現できそうな外壁の候補は、サイディングかセメントモルタル塗りのどちらかでした。

それぞれのメリット、デメリットを考えてみました。


サイディング


<メリット>

  • 工場で生産のため品質が安定している
  • 表面のテクスチャーが豊か
  • 地震に強い


<デメリット>

  • コーキングの劣化が早い
  • 継ぎ目が目立つ



セメントモルタル塗り


<メリット>

  • サイディングのような継ぎ目がないので高級感が出やすい
  • 手塗りならではの風合いがある

<デメリット>

  • 現場施工なので、職人さんの腕に仕上がりが左右される。
  • クラックが入りやすい
  • 雨だれ(窓サッシの両端からでる黒っぽい筋状の染み)などの汚れが目立ちやすい



土地探しをしている時から、街中のいろいろなお家の外観を意識して見るようにしていました。

セメントモルタル塗りはとても綺麗に仕上がっているお家もあれば、平滑面がきれいにでていなかったり、築年数が浅そうなのにクラックが入ってしまっているお家もありました。

私達がお願いする工務店の親会社は、サイディング施工と屋根施工を専門に請け負っている会社なので、サイディング施工の方が断然得意とのことでした。

それに加えて、当初から白っぽい家にしようと決めていたので、雨だれがなるべくつかない外壁にしたいと思い、親水性サイディングにする事に決めました。
親水性サイディングとは、サイディングの表面にフッ素コーティングやセラミックコーティングを施し、雨で汚れを浮かし洗い流すことで汚れにくくするサイディングです。

サイディングにすると決めた後はパターンと色選びです。

その様子は、また次回UPしたいと思います。


追伸:
家づくりの流れ、間取りのこと、構造のこと、設備のこと...etc...
1冊に分かりやすくまとまっていておすすめの本です!