2017年7月20日木曜日

【DIY】ソファの位置がズレるのを解消して快適に!

リビングで不便に感じてること


リビングの床でくつろぐことも多い我が家。


こんな感じで(テッドのぬいぐるみで再現)ソファに大人2人が体重を預けて寄りかかると、ソファが後ろにズレてしまうことがあります。

本当はソファを壁にベタづけ出来れば良いのですが、プリーツスクリーンとコンセントがあるために、そうすることが出来ません。


今まではズレないように遠慮がちに寄りかかっていたのですが、壁とソファの間に挟むパーツを作ることにしました。


アイデアスケッチ


まずはラフなスケッチを描いて、どんな形にするか考えました。


材料は手に入りやすい木材、2×4材(38×89×1820mm)と1×4材19×89×1820mm)を使うことにしました。

購入するホームセンターで切断をしてもらうために、必要な長さを事前に決めました。


材料と道具


今回使った材料と道具はこちら

◇木材
  • 2×4材(38×89×900mm)1本
  • 2×4材(38×89×450mm)2本
  • 1×4材19×89×900mm2本


ホームセンターのコーナンで購入して、1カット30円で切ってもらいました。


◇その他の材料と道具
  • 電動ドリルドライバー
  • ドリルビット
  • サンドペーパー(40番)
  • ネジ
  • 木工用ボンド
  • クッション材
  • 超強力接着剤


電動ドリルドライバーと超強力接着剤以外は、木材と一緒にホームセンターで購入しました。購入したものの総額は2400円位でした。


制作


木工のDIYは初めての挑戦なので、ネットで調べた方法で制作しました。

まずは切断面をサンドペーパーを使ってやすります。

続いてネジ締めする箇所にマーキングして、ネジ頭側の板に下穴を開けます。



接合面に木工用ボンドを付けて、ネジで留めていきます。


接合面に少し隙間が開いてる部分がありますが、ご愛敬ということで…(^^;)


最後に、床と壁に接する部分にクッション材を貼ります。


クッション材にはもとから両面テープが付いているのですが、ザラザラした面に貼るので、補強のために超強力接着剤で貼りました。

事前に材料が切ってあったので、初心者の私達でも、1時間半位であっという間に完成しました!


設置


さっそく設置してみました。


コンセントと巾木の部分を避けた形状にしました。





感想


設置して以来、大人2人が全力で寄りかかっても、ソファが全くズレなくなり、とっても快適に過ごせるようになりました。


ホームセンターの買出しや作る過程も楽しくて、小学校の頃の夏休みの工作の思い出話が弾んだりして、有意義な時間でした。

暮らしの中のちょっとした不便を少しずつ改善して、快適な日々を送れるようにしていきたいなと改めて思いました。


余談


今回、再現写真に登場したテッドのぬいぐるみですが、


大きい方は兄がUFOキャッチャーで取ったものをプレゼントしてくれました。

それまではぬいぐるみにあまり興味がなかったのですが、この何とも言えない表情にとても癒されるようになりました。

小さい方のテッドは、私の家族と旅行に行った時に立ち寄った高速道路のサービスエリアで、UFOキャッチャーの中にいるのを見つけて、UFOキャッチャーが上手な兄と夫と私で交互にチャレンジして、結構な投資でやっとの思いでゲットしました(^^;)

それが最近、ぴったり同じかは不明ですが、サイズが近そうなものが楽天市場で売られているのを発見しました。



ちなみに服は自分で手作りしました。


シンプルな空間を目標にしている我が家ですが、ちょっとぬけた感じの2匹が良いアクセントになってくれています。


<追伸1>

私が家づくりをした時は工務店さんを何軒もハシゴして相見積をとったので、とても大変でした…

こちらの家づくり支援サイトでは簡単な内容の入力で、複数のハウスメーカーや工務店に一括請求し、間取りプランや資金計画書を無料で作成して頂けるそうです!


自宅にいながら建築会社や間取りの比較検討ができますよ!


大手ハウスメーカーに絞って検討の方はこちらからどうぞ!




<追伸2>

引っ越し業者の選定はお済みですか?
家づくり中はやらなくてはならないことが多すぎて大変ですよね。。。
こちらのサイトではサカイ引越センターさんやアート引越センターさんなど、複数の引っ越し業者さんから一括見積もりを依頼することができるそうです!